「棚からワシづかみ」

アクセスカウンタ

zoom RSS 棚からワシづかみ第02回

<<   作成日時 : 2005/06/25 07:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像
MUTE BEAT「MUTE BEAT No.0 Virgin Dub」
(オリジナルリリース:1985)


実は、このページの第1回のネタをスタレビにしようかMUTE BEATにしようかかなり迷った。結局、スタレビを第1回にしたのだが、直前まで迷ったほど、初めてこのCDを聴いた時、大きな衝撃を受けた。インディーズ流通のため、なかなか手に入りにくいアイテムであるが、CDショップで見つけた際はぜひ購入して聴いていただきたい。

一言で言えば「すさまじい」アルバムである。とにかくこのバンドの存在自体が常識破りである。トランペット・トロンボーンがメロディーを歌うインストバンド。正式メンバーにギタリストがいなくて(後に加入するが)ミキサーがいる。2つの金管楽器が奏でるメロディセンスの素晴らしさに引っ張られるほどの強いリズムを生み出すベースとドラム、レゲエ・スカのリズムを静かに刻むピアノとオルガン、そして、これらの音色をミキサー卓の上で絶妙のタイミングによってエフェクトをかけて音色を変えたり、音量を自在に操ってより独自の「すさまじい」世界を作り出すダブ・ミキシング。メンバーの技術レベルの高さと、彼らの音楽性の飽くなき追求を聴いて取れる出来になっている。しかも、このCDが製作されたのがメジャー・デビュー前という事実にも驚かされる。

メジャー・ヴァージョンとぜひ聴き比べていただきたい1.にタンゴのリズムで始まる2.。豪太氏のDJで展開される3.、ライヴで必ず演奏された代表作4.5.にクラッピングの打ち込みのサウンドをバックに音を響かせる6.ただ1曲のみ豪太氏のヴォーカル曲7.、聴いていて思わず口ずさむカヴァー曲8.と9.、リーダーの小玉氏が最も愛したテイクである感動的なライヴ10.にこれまたカヴァー曲の11.、哀感あふれる12.。そして、思わず体が動き出すジャングル・テイクの13.。このアルバムは夜、とりわけ深夜1時頃にヘッドフォンで聴いていただきたい(深夜1時にこだわる理由はこのCDの中ジャケに載っている米光達郎氏のライナーノーツに書いてある。ぜひ、CDを聴きながらこの絶品のライナーノーツを読んでいただきたい)。

このCDには、メジャーデビュー後の作品に見られるような研ぎ澄まされたダブ・ミックスは存在しないようであるが、そのかわりにスタジオテイクにおいてもライヴの迫力が全編にわたって感じられ、逆に彼らの実力をまざまざと見せつけられる作品になっている。メジャーデビュー後のCDなら、ファーストアルバムながら代表作となった「FLOWER」、音楽性のみならず社会的意味合いが込められた衝撃的なコンセプトワークの頂点「LOVER'S ROCK」、メランコリックなラストアルバム「MARCH」、そして、MUTE BEATの高水準な音楽性を認めざるを得ない実質的なファーストアルバム「STILL ECHO」をお勧めする(このCDはインディーズ流通ですが、インターネット通販で探すと比較的簡単に入手できます。ちなみに僕はHMVインターネットで入手しました)。

--------------------------------------------------------------------------------
MUTE BEAT…
82年、「RUDE FLOWER」として結成。85年に発展系バンド「MUTE BEAT」に改称。1986年10月、ポニーキャニオンから12インチシングル「MUTE BEAT」でデビュー。日本発のダブ・バンドとしてミュージックシーンに登場した。今回紹介したCD(85年当時はカセット発売だった)発表時のメンバーは小玉和文(Tp)、増井朗人(Tb,P)、松永孝義(B)、屋敷豪太(Ds,Vo,DJ:87年脱退)、宮崎泉(Dub Mix)、坂本みつわ(Key:86年脱退)。この後、86年に朝本浩文(Key:89年脱退)、87年に今井秀行(Ds)、89年に内藤幸也(G)、北村賢治(Key:現在のエマーソン北村)が加入。アメリカ・ツアーを成功させるなど、ライヴダブ・バンドとして世界規模で活躍したが、90年に解散した。ちなみに「ダブ(ミックス)」とは、音にリバーブ(残響)、コーラス(ピッチを少しずつずらして響かせる)、ディレイ(山びこ)などのエフェクトをかけたり、音量をミュートしたり最大限にしたりするミキシングのこと。

「MUTE BEAT No.0 Virgin Dub」曲目リスト(色のタイトルはシングルリリースされた曲)
01.METRO
02.FIOLINA
03.DEEJAY STYLE(PITHECAN LIVE)
04.BEAT AWAY
05.LANDSCAPE
06.DOWN TOWN
07.MIXED UP
08.SCHOOL YARD DUB(JENKA)
09.DUB No.5(TAKE5)
10.STILL ECHO(PITHECAN LIVE)
11.MONEY MONEY
12.RHYTHM AND ECHO
13.SHONEN TIGER(Original Sound Track From TRA Comics Special)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
[恋するお仕事 その46] TOKYO 80&#39;s
お気に入りのお仕事をスクラップしていくこのコーナー。 第46回目のお仕事は、タワーレコードのフリー・ペーパー『bounce』で取り上げられた TOKYO 80&#39;sの特集です。 ...続きを見る
僕たちのそんなバナナ
2005/12/29 11:42

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
棚からワシづかみ第02回 「棚からワシづかみ」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる